民事再生のメリット

民事再生を積極的に行うことのメリットとしては、借金自体の返済額が減額される可能性が高いということは言えるかもしれません。

任意整理や裁判所が仲介をする特定調停の場合などにおいては、利息制限法に基づいて法律の範囲内での再計算が行われるわけですが、民事再生では借金をした人の客観的な返済計画に基づいて返済額が決められることになるため、現時点での返済可能金額まで大きく借金を引き下げることができるということはあるわけです。

残念ながら、返済する金額には限界が決められているため少なくても一定の金額は返済しなくてはならないということはあるわけですが、2割ほどが減額されたというケースも民事再生では少なくないため、利用者にとっては前向きな材料であると言えるのではないでしょうか。

ちなみに、この返済額の最低限というものは、その人の現在の財産の総額に基づいて決められるため、借金をし始めた当時よりも少ないという人であれば大きな減額が見込めるという点も魅力的です。また、過払い金があればそれを回収する事も可能です。

一般的にインターネットなどでは様々な噂が流れており、民事再生がうまくいかなかったというケースもよく聞くようですが、多くの場合などでは金融業者から異議を出されることはほとんどないため、民事再生がうまく成功するケースの方が多いということを知っておくといいのではないでしょうか。

民事再生のデメリット

民事再生は破産をすることはどうしても、今後のためを踏まえても避けたいし、社会的な地位を失いたくないし、これからもう一度再起を図って頑張りたいという人にとっては、大きな利点ばかりがちらつく制度であるということは言えるかもしれませんが、デメリットとしてあげられることが非常に多いのは、一連の処理をするための費用が非常に高くなってしまう場合があるということです。

借金整理には特定調停などといった裁判所などを利用する制度などもあり、このようなケースなどの場合には比較的安く済む場合が多いということは一般的に言われるわけですが、民事再生の場合などにおいて安く済むということはほとんどなく、弁護士の費用を払わなくてはならないほか、会計士なども雇わなくてはならずその道の専門家を次々と利用しなければならないということになってしまうため高額な費用がかかることは致し方のないことなのです。

しかし、他の借金整理法と比べて、ある程度の効果や借金の減額などが保証されているに等しいことを考えれば、利用してみる方が良いと言えるのではないでしょうか。