債権譲渡と移転の義務

クライアントは、送り状、勘定書、納品受領書などの債権の発生を証明する書面をファクターに交付することによって債権譲渡の意思表示を行うそうです。ファクターがこれを承諾するか拒絶するそうです。日本の実務においては、債権の発生を証明するこれらの書面に加えて、債権譲渡証書を提出させるそうです。

この場合には、ファクタリング契約によってファクタリングの対象とされる債権をクライアントはすべて譲渡すべき義務を負うそうです。ファクターはカスタマーの信用価値に従い買取を拒絶することもできるそうです。このときも債権の信託譲渡が行われているそうです。クライアントは、原則として、債権譲渡の通知を行うべきという義務を負っているそうです。日本の場合には、売掛債権の譲渡というものについては、カスタマーの確定日付のある承諾書の添付を要求するというのが普通のことだそうです。これはファクターを完全な債権者にさせるためなのだそです。

けれども、譲渡の通知または債務者の承諾を得ることを免除するという場合もあるそうです。ファクタリングがカスタマーに隠れて行われている場合には、売掛債権はファクターに譲渡されているそうですが、クライアントの名で債権の管理回収を行うことになるそうです。クライアントは、回収した現金または手形・小切手をファクターに引き渡すべきこととなるそうです。

ファクタリングにおいては、ファクターは、一般には買い取った債権についてその期日前には前払いを行うということと、債権を割引取得することによって、クライアントに金融を供与するということになるそうです。償還請求権ファクタリングにおけるこれらの前払いまたは割引代金の交付は買い取った債権の代金を意味するそうです。

民事再生を知ろうのトップに戻る